【大切なご案内】
6月1日(金)より弊社は『アンドウォーター株式会社』へ社名変更致しました。
詳細はこちらをご参照ください。
社名変更のお知らせ

小さい子供がいる家庭でも安心!ウォーターサーバーのチャイルドロック!

従来のウォーターサーバーはボトル型と呼ばれるタイプで、水を補充しなければ使用することができません。水の補充はボトルを配達してもらい、空になったボトルと交換することで行います。一方で、水道直結型のウォーターサーバーは水を配達してもらう必要がありません。

今回は、配達してもらう必要が無い水道直結型のウォーターサーバーにはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

水を配達してもらう場合は、配達員と顔を合わせる必要があります。そのことを億劫に思う人は少なくありません。特に女性はメイクをせずに部屋着で過ごしていても、配達員を出迎えるときには身なりを整えることが多いため、面倒に感じられるでしょう。
また、ウォーターサーバーのボトルは重いため、自宅内まで配達員に運んでもらう人もいます。女性や高齢者の場合は、設置まで行ってもらうケースもあります。その場合は、配達員に自宅内を見られることになるので、事前に片付けや掃除をしたい気持ちになりますよね。
ウォーターサーバーを使うために、わざわざ身なりを整えたり、自宅を片づけたりしなければならないのは、合理的とはいえません。水道直結型のウォーターサーバーであれば、配達員と会う必要がないので、これらのような手間は一切不要なのが大きなメリットです。

ボトル型のウォーターサーバーでは、ボトルの注文を行う必要があります。家族構成や水の使用予定などを考慮して、ボトルの利用本数を決めてから注文するのが一般的です。あらかじめ配達期間を決めておいて、定期的に配達してもらうパターンもあります。しかし、そのパターンでも、ウォーターサーバーの水を使いすぎて不足しそうな場合は注文する必要があります。
使いたい時にいつでも使える水道水と比べると非常に使い勝手が悪いといえます。忙しくて注文できずに、ウォーターサーバーの水を使い切ってしまうことも少なくないでしょう。慌てて注文しても、すぐには届かない場合もあるので、その間はコンビニに飲料水を買いに行くなどの代替手段で凌ぐ必要があります。

水道直結型のウォーターサーバーでは水が不足することがないので、そのような心配はいりません。ボトル型のウォーターサーバーは水の残量や配達日を気にしながら使用する必要がありますが、水道直結型のウォーターサーバーなら使いたいときに好きなだけ使用できるのです。

ウォーターサーバーのボトルを受け取るには自宅にいる必要があります。配達日は事前に分かることが多いので、そのときは外出しないようにすれば問題ありません。しかし、急な予定が入ってしまい、外出を余儀なくされるとボトルを受け取れなくなります。

マンションなどには留守中の宅配物を預けられる宅配ボックスが据え付けられていることがありますが、ボトルが大きい場合は入らないことがあります。もし宅配ボックスに入るサイズであったとしても、飲料水を預けておくのは衛生面などにおいて不安が残ります。そのため、やはりボトルの配達は自宅で受け取る必要があるといえるでしょう。

急な予定が入って受け取れない場合は、ウォーターサーバーの業者に連絡をして配達を止め、再配達の注文を行わなければなりません。また、再配達されるまでは、ウォーターサーバーの水が不足して困ってしまう可能性もあります。それが嫌なら予定をキャンセルして、外出せずに受け取るしかありません。

生活に必要であるとはいえ、水のために予定や行動に制約を受けることに不満を感じる人もいるでしょう。ボトルの配達予定を気にせずに行動できるのは、水道直結型のウォーターサーバーの大きなメリットであるといえます。

一般的に多く使用されているプラスチック製のウォーターボトル式サーバーの場合、外観が安価に見える反面、軽くて運びやすいというメリットがあると言われています。
しかし、実際には、水をボトルに補充することで、ボトルの重さはかなり重くなり、それをサーバーに設置する際には、たいへんな重労働を強いられることになります。女性や高齢者の場合、水を入れたボトルを持ち上げるだけでも大きな負担となってしまうこともあるでしょう。
Cool Qooのウォーターサーバーは、水道水を利用する水道直結型であるため、この補充の必要がありません。そのため、水の補充に大きな負担を負うことなく、便利に使用できます。
さらに、生活感があるウォーターボトルが存在しないため、インテリの邪魔にならず、現状の雰囲気のままの生活が送れます。面倒な補充作業も不要、オシャレなインテリアもキープしながら、快適なウォーターライフを送ることができるのです。



一覧
一覧
review-1 voice