【大切なご案内】
6月1日(金)より弊社は『アンドウォーター株式会社』へ社名変更致しました。
詳細はこちらをご参照ください。
社名変更のお知らせ

ずっと清潔なお水を楽しみたい!そのために必要なウォーターサーバーのメンテナンスって?

健康志向が高まっている状況の中、きれいな水をいつでも自宅で楽しみたいと考えている人は増加しているようです。また、すでにボトル型のウォーターサーバーを導入している人もいるでしょう。しかし、ボトル型ウォーターサーバーは、ボトルと本体の結合部など常に水分がある部分については、使っていると汚れてきます。何かいい解決方法はないのでしょうか?

ボトル型ウォーターサーバーにはメンテナンスの手間がかかるデメリットがある

既にボトル型ウォーターサーバーを導入している人は、きれいな水を24時間楽しめるメリットを感じているでしょうが、同時に、いくつかのデメリットも感じているはずです。デメリットとして挙げられることとしては、定期的な購入ボトルの受取りのためにスケジュールを空ける必要があることや、重いボトルの交換時にかなりの労力を要する点などが挙げられますが、他にもデメリットがあります。それが、汚れ対策などのメンテナンスです。
ボトルと本体の結合部分や排水する管の出口部分など、常に水分にさらされるところについては、外部から侵入したほこり等に付着してきた雑菌がどうしても繁殖してしまいます。そのため、定期的にメンテナンスする必要があるのです。また、本体のタンク内にも不純物が溜まってしまいます。
メンテナンスの方法としては、ボトルとの結合部はボトル交換時にきれいに拭き取り水分が溜まるのを避けること、タンク内は水を抜いて清掃することがポイントになりますが、かなり手間がかかります。しかし、このメンテナンスを放置すれば、最大のメリットであるきれいな水を飲めなくなってしまうでしょう。

水道直結型ウォーターサーバーであればメンテナンスが楽

ボトル型ウォーターサーバーのデメリットであるメンテナンスの手間を解消するいい方法を探している人には、CoolQooの水道直結型ウォーターサーバーがおすすめです。
水道直結型ウォーターサーバーのメリットは、ボトルの交換が不要になることです。水道水に直結していますので、ボトルの交換からは完全に開放されます。また、ボトルの水を購入するコストも不要になります。しかし、もう一つ注目すべきメリットがあります。それはメンテナンスが楽になることです。
水道直結型ウォーターサーバーにはボトルの結合部が存在しませんので、そこが汚れるという悩みからは解放されることになります。それでも、タンク内の不純物を除去する手間は残ってしまいます。この点もなんとかしたい場合は、CoolQooの水道直結型ウォーターサーバーを導入するといいでしょう。理由は、自動クリーン装置が付いているため、自動的にタンク内の不純物が取り除かれる仕組みになっているからです。

CoolQooは自動クリーン装置と無料メンテナンスがメリット

自動クリーン装置は、特殊な構造と設計によって、自動的にタンク内清掃が行われる仕組みになっています。定期的にタンク内の水分を再濾過することによって、しばらく使ってない期間があったとしても常にきれいな水が提供されるのです。再濾過の「再」は、水道水からウォーターサーバーに水を引き込む最初の段階で、一度濾過していることを意味しています。この装置によって、気になるメンテナンスの負担はかなり低減されるはずです。また、タンク内空気口にHEPAフィルターと呼ばれる特殊構造のフィルターが設置されていますので、空気中のにおいや成分の制御をしてくれる点もメリットです。
それでも、ウォーターサーバーは定期的な有人メンテナンスが欠かせません。有人メンテナンスコストが高ければ、導入に二の足を踏んでしまうかもしれませんが、CoolQooの水道直結型を導入するのであれば、すべてのコースについて有人メンテナンスは無料となっていますのでコスト負担から解放されます。CoolQooの水道直結型ウォーターサーバーの導入について、真剣に検討してみることをおすすめします。



一覧
一覧
review-1 voice