【大切なご案内】
6月1日(金)より弊社は『アンドウォーター株式会社』へ社名変更致しました。
詳細はこちらをご参照ください。
社名変更のお知らせ

今や多くの方が家庭やオフィスなどに設置しているウォーターサーバー。これらの多くは、ボトルに入ったお水をセットして使用するものです。この形式では、ボトルを交換するのが大変ですし、また交換のたびに雑菌が入らないようにその都度掃除をする必要があるのです。

関連情報: ウォターサーバー保有者が語る不満

ボトル交換の際にはその都度消毒が必要

ボトル式のものは、もちろんですがボトルのお水がなくなれば新しいものと交換する必要があります。
その交換のとき、給水口がお水で汚れた状態のまま新しいボトルを差すと、そこから雑菌が繁殖してボトルの中のお水も汚染してしまうのです。
そのため、ボトル交換の際には、その都度給水口をきれいに拭いて、アルコールで消毒する必要があります。
ボトル交換だけでも手間ですが、この過程は面倒でもあるわけです。
そして、ボトルで購入した時点ではせっかくきれいなお水だったとしても、機器の給水口に細菌が残っていることでセットしたお水すべてが汚染されてしまうのです。

ほこりや汚れもすぐにたまる

ボトル式のものの給水口は、ボトル交換のたびに掃除をしても、ボトルを差している間にどうしてもほこりや汚れがたまってきます。
そして、いったんボトルを差してしまったらそれを取り外して掃除することができないのです。
ボトルの容量によりますが、ボトルを差してから数週間はそのままの状態になりますから、その間掃除ができないということは、ほこりや汚れをそのままにしてしまうということになります。
そしてそれがきれいなお水の中に入ってしまって、蛇口から出るお水はもうすでに汚いものかもしれません。
また、こうした細かい部分の掃除はなかなか手が届きにくく大変です。
そうしてほこりや汚れが残ったまま使い続けていると、クリーンなお水は使えないということにもなりかねません。

関連情報: ウォーターサーバーのメンテナンスの方法

ミネラルウォーターの場合は結晶ができることも

ウォーターサーバーに設置するボトルのお水の中には、人気のミネラルウォーターも多くあります。
体によくおいしいということから、利用する方もたくさんおられます。
それ自体は問題がありませんが、ミネラルウォーターのボトルを長く機器に設置していると、お水が通るところに白い結晶ができることがあります。
これはお水に含まれるミネラ分の結晶であり、給水口や蛇口などをこまめに掃除する必要があるのです。
また、機器内のタンクにも結晶がたまることから、定期的にメーカーの点検や清掃を受けなければなりません。
このミネラル分の白い結晶は、ただ単に機器を汚しているだけではなく、お水の中にも混じる可能性があります。
また、結晶だけであれば安全そうですが、その中に雑菌が繁殖していることもあるため注意が必要です。

メンテナンス不要というのは本当?

数ある機器の中には、メンテナンス不要としているものがあります。
自動的に機内をクリーンにする機能がついているからというのが理由で、メーカーでの点検・清掃サービスが契約にはついていないパターンです。
しかし、お水に直接触れる機器ですから汚れは必ずつきますし、自動クリーン機能では細かい部分の汚れは落ちないのです。
そのため、定期的にメーカーの担当者に点検、清掃をする方がよいでしょう。
メンテナンス不要とうたっているメーカーではもちろん最低限の自動クリーニング機能を備えていますが、機器のすみずみまできれいにするわけではないことを覚えておきましょう。
そうした点から、定期的に点検・清掃を行っているメーカーなら安心ですが、その機器ごとメーカーにいったん引き渡さなければならず面倒であるとも言えます。

清潔で安全な水道直結型

CoolQooの水道直結型ウォーターサーバーは、従来のようにボトルをセットして使用するものではなく、水道と直接つないで水道水をその場でろ過するシステムです。
ボトル式と比べ、ボトル交換時などの掃除の手間をかけなくてもよいため、管理も楽々です。
給水口が外に出ているわけではありませんから、ほこりや汚れがたまったり、また雑菌が繁殖したりすることの心配はいりません。
また、ミネラル分の少ない軟水である水道水を使用しますから、ミネラル分の結晶がたまってしまうということも少ないのです。
機器には自動クリーン機能がついている上に、有人の点検、清掃がついているシステムのため安心です。
しかもその料金がコース料金に組み込まれているため、余計な出費を考えなくてもよいのです。
ボトル式よりも清潔で安全、また使い方も簡単な水道直結型がおすすめです。



一覧
一覧
review-1 voice