【大切なご案内】
6月1日(金)より弊社は『アンドウォーター株式会社』へ社名変更致しました。
詳細はこちらをご参照ください。
社名変更のお知らせ

毎月支払うウォーターサーバーや水道代、やはり気になるの?

生活費の中には、水道や電気、ガス代など、毎月支払うものがあります。
また、何らかのサービスを継続利用すると、その分の料金も発生しますよね。
口座引落にしているとあまり意識しないかもしれませんが、1年分をトータルするとかなりの金額になってきます。
健康意識が高まる中、ウォーターサーバーの導入が注目されていますが、月々の費用を気にしている人はどれくらいいるのでしょうか。
そこで、ウォーターサーバーや水道代の料金が気になるかどうかについて、全国の男女100人を対象にアンケートを取ってみました。

【質問】ウォーターサーバーと水道代の毎月の料金って気にしていますか?




【回答数】
気にしている:58
気にしていない:42

約6割の人は、毎月の料金を気にしている!

アンケートの結果、「気にしている」と答えた人が約6割いることが分かりました。

  • ウォーターサーバーは機械やレンタル料金がかかると思われ、水道代は、たまに流しっぱなしになるので、自己的に気にすることが多々ある。(20代/男性/会社員)
  • 毎月どのくらい使ったか気にしています。価格がいつもより上がっていたら翌月は節水を心がけます。(20代/女性/パートアルバイト)
  • 光熱費に関しては、家計簿をつけているので、常に気にしています。(40代/女性/会社員)
  • 飲み水と食器などを洗う水は分けているが正直水代が一番高くついてると思う。(20代/女性/会社員)
  • サーバーの水の料金はミネラルウォーターの運搬を考えると安いと感じているから。(40代/男性/会社員)

58人の男女は、ウォーターサーバーや水道代が気になるようです。
水の使い分けをしているのに高いという人や、水道の水を出したままで無駄遣いしているとの意見もみられました。
節約を心掛けるために光熱費を家計簿で管理する人や、使い方を考え直す人もいますよね。
また、ウォーターサーバーの導入には、レンタル料が掛かることがネックになるかもしれませんね。
その一方で、ミネラルウォーターを購入して持ち帰るよりは安いとの意見もうかがえました。
このように、毎月の水代を気にしている人には、料金をこまめにチェックするという共通点があるのではないでしょうか。

その一方で、毎月の料金を気にしていない人も!

アンケートの結果、約4割の人は「気にしていない」ことが分かりました。

  • 一人暮らしのため水道代を気にするほど使用していないということもあり、毎月の料金をあまり考えず使用しています。(30代/女性/契約派遣社員)
  • ウォーターサーバーは持っていないし、水道代は毎月定額のため気にしていない。(20代/女性/自由業・フリーランス)
  • 水道代は家賃の中に含まれているから気にはならないですしウォーターサーバーもジムの会費に含まれているから気にはならないです(30代/女性/パートアルバイト)
  • あまり飲料水の料金をきにしたことがない。電気代やガス代は気にする(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 日常的に使うものを、チマチマ気にして使うのはストレスがたまるので気にしないで使っている。(40代/男性/公務員)

42人の男女は、水に関する料金を気にしていないようです。
一人暮らしで水を使う量が少ない人のほか、水道代が定額制の人や家賃に含まれている人もいますよね。
ただし、ほかの光熱費は気になるという意見もみられます。
中には、生活に必要なものを気にすると精神的にもよくないとの考え方もうかがえます。
水の料金を気にしない人には、意識しなくても生活できる人や細かいことまで考えない人もいるのかもしれませんね。
なお、ウォーターサーバーに関しては、導入していない人やジムで利用する人もいることが分かる結果となりました。

水道とつなぐウォーターサーバーの導入を検討も!

アンケートの結果、ウォーターサーバーや水道代を気にしている人のほうが多く、約6割になることが分かりました。料金を気にする人からは、家計簿やボトルの使用本数などでチェックするだけでなく、翌月以降の使い方にも反映するという徹底ぶりがうかがえました。
一方、水道代などを気にしない人の中には、使用量が料金に反映されない環境で生活する人もいるようです。
ウォーターサーバーと接する機会がない人もいますよね。

環境問題が懸念される時代にあって、安全な水を摂りいれるためにウォーターサーバーが注目されています。
中には、水道とつなぐタイプもありますので、これを機にウォーターサーバーの導入を検討してはいかがでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【職業】パートアルバイト 契約派遣社員 会社員 会社役員 公務員 医師 士業(弁護士・会計士など) その他専門職 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス
■調査期間:2016年03月03日~2016年03月17日
■有効回答数:100サンプル




一覧
一覧
review-1 voice